嫌嫌

全て 名詞 副詞
4 の用例 (0.00 秒)
  • 嫌よ嫌よも好きの内などという文言は愚かしい雄共の傲慢から生じたモノであることは確かだが、しかし嫌嫌であってもついその気になってしまうということは、往往にして、矢張りあるのだ。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 嫌嫌嫌と読む「X X X」は、いろんな事が嫌になった等身大の女子の歌を歌ったものである。
  • また現在では嫌韓厨を正当な理由もなしに批判する嫌嫌韓厨も発生しており、こちらも荒らしの原因として嫌われる存在である。
  • 進介は嫌嫌いやいや頭を下げる。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用