嫌々ながら

全て 副詞
146 の用例 (0.00 秒)
  • 「この子にも先ほどのお話を」 嫌々ながらもここまで来たら仕方ない。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • 嫌々ながらもだまされたということを認めざるを得なくなったのだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • だから俺は、嫌々ながらあのお化け女と、我慢して一緒になってるんだぜ。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • だから、ほんとうは嫌々ながらペテルという男の家へ行ったのだった。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • 嫌々ながらも、芳野さんは駅前のベンチで俺たちの話を聞いてくれた。 麻枝准『涼元悠一 魁 CLANNAD Official Another Story 光見守る坂道で』より引用
  • 嫌々ながらも世話をするうち、次第に犬とも触れ合えるようになっていった。
  • 私は嫌々いやいやながら、しずるさんにその不思議な死体の話をしてみた。 上遠野浩平『しずるさんと偏屈な死者たち』より引用
  • しかし彭城王元勰に召されて行台参軍とされ、嫌々ながら招聘に応じた。
  • だから僕はその言葉を極めて消極的に、嫌々ながらという感じで受け入れていた。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • セックスするのは妻としての務めだからで、嫌々ながら応じているのかもしれない。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 皇帝は嫌々ながらではあるものの、次第に議会の活動継続を許すようになっていった。
  • だから嫌々いやいやながらも幽霊退治のために連れ歩くことを妥協だきょうしたのだ。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • あの姿すがた嫌々いやいやながらだったなんてとても思えません。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • だから女性たちは、嫌々ながらも適当な返答をするのだそうだ。 里中哲彦『鬼平犯科帳の人生論』より引用
  • そう実に嫌々ながら、商会とはけりをつけることになってしまった。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 当初は嫌々ながらだったが、すぐに、その役目を誇らしく思うようになった。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用
  • 嫌々ながら左手を差し出して、俺は、吸血鬼だという白い女と握手をした。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • とうとう私は嫌々ながら連れられて行きました。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • そうすれば先生の家で猫を引き取ってくれるという話に、3人は嫌々ながらも作業をすることになる。
  • 魔人の力をもって脅迫され、弥子は嫌々ながらもそれを引き受ける。
  • 次へ »