媒介

全て 名詞
2,350 の用例 (0.01 秒)
  • 種の論理の絶対媒介の内容はこの世界図式論に他ならぬというのである。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • 実際には区別された二つのものは一つのものに媒介されねばならない。 戸坂潤『再び「科学の歴史的社会的制約」に就いて』より引用
  • だから夫は意識形態を媒介とすることによって説明されねばならない。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • つまり再建されるべき共同体は直接性と媒介性の統一として描かれる。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • それは禅を媒介とした日本中世の思想にもその反映をみることができる。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • どこにも、実際はどうだった、ということを媒介させない考え方である。 益田勝実『火山列島の思想』より引用
  • 母も叔母も何とも言つてくれぬだけ媒介者なかうどとの話の発落なりゆきが気にかかつた。 石川啄木『鳥影』より引用
  • 媒介生物がいることは確実だと思うが、具体的に何なのかは特定できない。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 何かを媒介しなくばかには触れられないような運命のものであった。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • あるいはまた絶対者は私たちと永遠なるものとの愛の媒介者である。 三木清『語られざる哲学』より引用
  • そこには判断論理の媒介というものが、含まれていなければならない。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 哲学は学の要求において科学と同じであり、科学の媒介が必要である。 三木清『哲学入門』より引用
  • 古代において火は日常のあらゆる場面で、生成の媒介となるものであった。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • それは社会心理学を文化社会学乃至知識社会学へ媒介することである。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • 人は広告という媒介を通じてはじめて商品を比較することができるのである。 岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』より引用
  • 文化人類学において、文化は人間の行為を媒介する象徴の体系である。
  • 矛盾し対立するものは相互に否定することによって相互に媒介する。 三木清『哲学入門』より引用
  • つまり理論が常識によって絶対的に媒介されているとでも云うべきなのである。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • そんなふうにしまして、言葉を使って、言葉を媒介として、物を考える。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 現在はただ媒介されることによつてのみ認識されることが出來る。 三木清『唯物史観と現代の意識』より引用
  • 次へ »