姫路

全て 名詞
3,889 の用例 (0.02 秒)
  • でもなんとなく姫路さんの様子がいつもと少しだけ違うような気がした。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 声をかけると、それでやっと僕に気がついたように顔を上げる姫路さん。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 過去には姫路方面の快速電車で当駅で分割・併合を行う列車が存在した。
  • その朝の姫路の変を御着の城にあった官兵衛は起きぬけにすでに知った。 吉川英治『黒田如水』より引用
  • 姫路さんが棚からボウルを二つ取り出して、その中に何かを入れている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • ここは姫路の南五六キロで、栗山にとっては故郷といってよいところだ。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(一)』より引用
  • 三年生の教室は四階だから姫路さんの居場所を見つけやすかったのかな? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 結局あの時点で既に姫路さんを無力化する算段が立っていたってわけか。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • このクラスで鉄人に目を付けられていないのは姫路さんと美波みなみくらいだ。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 視界の隅で美波と話をしている姫路さんのくちびるの動きが妙に気になった。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • やはり姫路さんにはAクラスで学習する方が良い影響がありそうですね。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • これはもう、十中八九姫路さんで代表の首を狙ってくると考えるだろう。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 姫路さんの料理じゃなくても何か他に手段があったような気がする。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』より引用
  • 今までに何度も試召戦争をやってきた姫路さんや霧島さんなら問題ない。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 僕の正面に座っている姫路ひめじさんが操作そうさしていた携帯電話をポケットにしまう。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • そういえばこの子、前の試召戦争でも姫路さんに一撃でやられていたな。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • この二つを用意しないと、姫路さんはいつか倒れてしまうような気がする。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • 相手は市立姫路高校の選手で、とくにマークされている選手ではない。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 大声こそ出していないものの、勢いよく姫路さんの言葉が繰り出される。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 僕の希望的観測を裏切り、姫路さんが上体を起こしてこちらを見ていた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 次へ »