始終端

20 の用例 (0.00 秒)
  • 高速道路の多くはオレンジ市内を通らないが、むしろ始終端になっている。
  • 複線の始終端となる駅を除く単線区間の駅として、神戸電鉄線で通過列車の設定のある唯一の駅である。
  • 複線始終端型の信号場であったと考えられる。
  • 茅野駅方が複線、上諏訪駅方が単線の複線始終端形信号場である。
  • 湯浦駅から当信号場までが複線で、津奈木トンネル手前で上下線が合流して単線になりトンネルに入る複線始終端の構造であった。
  • 赤湯駅方が複線、中川駅方が単線の複線始終端形信号場である。
  • 開設当時は交換型信号場であったが、1964年に盛岡〜青山信号場が複線化されてからは複線始終端型の配線となった。
  • トリメットはオンデマンド・サービスを運行しているが、キャンビー地域交通もそのサービス地域内を始終端とするオレゴンシティ内限定のサービスを提供している。
  • 当初から複線始終端型の配線であった。
  • 軽井沢方が複線、横川方が単線の複線始終端形信号場である。
  • 横川方が複線、軽井沢方が単線の複線始終端形信号場である。
  • また、地域の自治体が草津線の各駅を始終端とするコミュニティバスを多数運行し、地域の足として草津線が位置づけられているため、自治体・利用者からは比較的暖かく迎え入れられている。
  • フラックスタブとは、主として鋼構造物の溶接部の始終端部に使用されるエンドタブの一種である。
  • セラミックタブとは、主として鋼構造物の溶接部の始終端部に使用されるエンドタブの一種である。
  • 踏切は、始終端の六日町駅・犀潟駅構内の2か所のみであり、線区の中間にはまったく踏切が存在しない。
  • 武蔵嵐山駅側が複線、小川町駅側が単線となる複線始終端形信号場であり、東上本線の複線区間の終端となっている。
  • 藍那駅と木津駅の間の地点にあり、木津駅側が複線、藍那駅側が単線となる複線始終端形信号場である。
  • エンドタブとは、溶接始終端部に生じやすい溶接欠陥を逃がすために溶接線の始終端部に取り付ける補助板である。
  • 最高速度は100km/hとされ、ガイドウェイ区間の始終端部には40km/hの速度制限がある。
  • 海峡線側は上下線+中線の「複線待避型」、かつ津軽今別方が複線で中小国方が単線の「複線始終端型」という構造である。