始終私の心

5 の用例 (0.00 秒)
  • このまま、こういうことばかりしてはいられないという不安が始終私の心をむちうち、そのため人知れぬ苦労をもしたのであった。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 始終私の心を圧えつけていた不吉な塊がそれを握った瞬間からいくらか弛んで来たと見えて、私は街の上で非常に幸福であった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 始終私の心を圧えつけていた不吉な塊がそれを握った瞬間からいくらかゆるんで来たとみえて、私は街の上で非常に幸福であった。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 始終私の心をおさえつけていた不吉な塊がそれを握った瞬間からいくらかゆるんできたとみえて、私は街の上で非常に幸福であった。 梶井基次郎『檸檬・城のある町にて』より引用
  • 始終私の心をおさへつけてゐた不吉な塊がそれを握つた瞬間からいくらかゆるんで來たと見えて、私は街の上で非常に幸福であつた。 梶井基次郎『檸檬』より引用