始終着駅

24 の用例 (0.01 秒)
  • 導入に当たっては、方向転換のために始終着駅にループ線を設置した。
  • 同一編成で割り当てられている列車は、その前後の始終着駅の時刻と場所が連続していなければ実現可能な運用ではない。
  • 同一乗務員で割り当てられている列車は、その前後の始終着駅の時刻と場所が連続していなければ実行可能な運用ではない。
  • いずれも始終着駅であるが、運転系統上では事実上橿原線のみが始終着駅である。
  • KORAIL空港鉄道は当駅が始終着駅であり、A01の駅番号が付与されている。
  • 東海道新幹線は、始終着駅である東京駅や新大阪駅程ではないが、当駅を始終着とする列車がある。
  • 奈良線と片町線は当駅が路線の始終着駅だが、奈良線列車は運転系統上、関西本線に乗り入れ奈良駅を始終着としている。
  • この駅は大阪線・名古屋線とも始終着駅ではあるが、線路自体はこの駅より山田線となって宇治山田・賢島方面に続いており、伊勢中川より大阪、名古屋方から直通運転する列車も多い。
  • なお、乗り入れる特急は東舞鶴駅を始終着駅としているほか、西舞鶴駅に停車する。
  • うち、山陰本線仙崎支線と美祢線は当駅が始終着駅であるが、実質的に一体運用となっている。
  • そのため、日本の巨大ターミナル駅と比べて利用客数が少ないヨーロッパのターミナル駅では頭端式ホームが採用されている場合もあるが、日本では、頭端式ホームは連絡船などとの乗換えや歴史的な経緯、始終着駅のターミナル駅などの特別な条件を除き、敬遠される傾向にある。
  • 新幹線の始終着駅としては現在のところ全国で唯一、非都道府県庁所在地に位置している。
  • 過去には緩行列車の始終着駅として釜山市内では釜山駅に次ぐ旅客需要があった駅である。
  • 両線の始終着駅であるが、列車は早朝・深夜の一部と平日16時台の1本を除き当駅を介して直通する。
  • 特急列車は急行・準急とは一線を画し、車両基地と始終着駅の間での回送では客扱いをしない事が長らく通例となっていた。
  • 首都圏西南部地域に需要がある永登浦駅に代わる駅として、元々はKTXの始終着駅として建設された。
  • 中央線、嶺東線・太白線のセマウル号、ムグンファ号の始終着駅であり、首都圏電鉄中央線・首都圏電鉄1号線の途中駅である。
  • その後、1996年の二条駅 - 花園駅間の高架化・複線化など設備の増強が少しずつ行われ、国鉄時代から大きく変貌を遂げたほか、始終着駅である京都駅のホームも増設された。
  • 当時から長距離列車の始終着駅として賑わい、また貴賓室があるため天皇をはじめとする貴賓客や、正月恒例の内閣総理大臣の伊勢神宮参拝の際の乗降駅となっている。
  • 大半の特急「さざなみ」の始終着駅である。
  • 次へ »