始祖

全て 名詞
1,955 の用例 (0.01 秒)
  • 広くなるためには、あるていどの浅さが必要であると始祖は教えたのだ。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 私たちも、あなたたちと同じように始祖の力と名をずっといできた。 赤松中学『緋弾のアリア 第02巻』より引用
  • 尚敬王を始祖とする最大勢力の祝いとあって規模も国家事業に匹敵ひってきした。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • つまり始祖鳥は、樹上にも地上にも特化した生物ではないという事である。
  • 大地母神は天の神の妻となって、都市国家の王家の始祖を産むのである。 岡田英弘『世界史の誕生 ―モンゴルの発展と伝統』より引用
  • 冷泉派は始祖と鎌倉幕府との関係から、関東において武士の間で栄えた。
  • 始祖鳥の時代には、たしかに歯があったのだが、いまはないのである。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • 現在では三大始祖の勢力はサラブレッドに限られたものではなくなっている。
  • 現象学と社会学を融合させた現象学的社会学の始祖として知られる。
  • この事実は始祖鳥が地上生活者であった可能性を支持している。
  • カール・マルクスはウィリアム・ペティを労働価値説の始祖としている。
  • 第一尚氏の始祖・尚巴志しょうはしみたいといえば嫌な顔をする男はいない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • その一方で黄帝は中国医学の始祖として、現在でも尊崇を集めている。
  • 一色氏始祖の公深と2代目の一色頼行は御家人として鎌倉幕府に仕えた。
  • 古代地球文明が作り出した一体の機械生命体を始祖として設立した。
  • これはPBK32800型という形式名で台鉄電源荷物車の始祖である。
  • タイ捨流の始祖丸目長恵は、肥後南部を領していた相良氏の家臣である。
  • 新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。
  • 当作品はのちの日本のシューティングゲームの始祖の一つとされる。
  • 人工生命体として製造された始祖たちは、自分たちも人間だという結論に達した。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 次へ »