妬ましい

全て 形容詞
81 の例文 (0.00 秒)
  • その時、真柄はどうしたわけか、影山に対して不思議なねたましさを覚えたのである。 ...
  • そこからも時々に男の使がくると、お浜はねたましそうに話した。 ...
  • それは二羽の山鳩にたいするふくろうのおこったねたましい眼つきでは少しもなかった。 ...
  • 石山は拳銃をかまえる警官たちの、力と自信に満ちた姿勢を少しねたましい気持で眺めた。 ...
  • 死んだ兄が、かすかにねたましく思えて来るようだった。 ...
  • 科学を信頼し、物怖ものおじせず医療を実践するあなたが少しばかり妬ましく思えたりもしていた。 ...
  • あんたもおれが妬ましいんだろう、おれがフロントを任されて悔しいんだろう。 ...
  • それを主人はねたましげに見ているらしい。 ...
  • それを主人は妬ましげに見てゐるらしい。 ...
  • そして、他の人が楽しさうに遊んでゐるのを羨しげに妬ましい眼でながめてゐたのである。 ...
  • 誰も彼も私をにくむのだって、公主の私が妬ましいからじやないの! ...
  • 中学生で恋人がいるっていうのが、そもそも妬ましい感じだ。 ...
  • いつかぼくはこの特権をジャックに奪われるのだと思うと、それがねたましくてならなかった。 ...
  • だが、それ故に慕容皝は彼ら三人の存在を常々妬ましく思っていた。 ...
  • わたくしの叡智えいちと魔力による国家への貢献こうけんねたましいのです。 ...
  • 要するに私が妬ましいと思った対象を、あの虎は次々と燃やしていくのですから。 ...
  • 恋愛結婚したと言う男の情熱がねたましかったのだ。 ...
  • なのに、旦那だんな様が左近をお好きかもしれないと思うと、大変に妬ましくなりました。
  • 話から話と聞いて居ると、片山君夫婦がねたましくなった。 ...
  • 次へ