妬ましいよう

8 の例文 (0.00 秒)
  • そう思うと李張はねたましいような気になって来た。 ...
  • 間違って人に妬まれた我が身が、今はかえって人を妬ましいように思わなければならなかった。 ...
  • ねたましいような気さえいたしました。 ...
  • 涼しい顔をして笑いさざめいている男子を見ると、憎らしいような、ねたましいような複雑な気分になる。 ...
  • いままでわたしは、いつも先生の研究けんきゅうをお手つだいする習慣しゅうかんになっていましたので、先生がこんどのようにわたしめ出して、ひとり研究けんきゅうすすめてゆかれると、なんだか、ちょっとねたましいような気持きもちでした。 ...
  • 母が男性と、ことにあの青年と、自由に交際つきあっているのが、何となく羨ましいように、ねたましいように思われて仕方がなかった。 ...
  • ですから夫婦仲の好かった事は、元より云うまでもないでしょうが、殊に私が可笑おかしいと同時にねたましいような気がしたのは、あれほど冷静な学者肌の三浦が、結婚後は近状を報告する手紙の中でも、ほとんど別人のような快活さを示すようになった事でした。 ...