妬ましい

全て 形容詞
81 の例文 (0.01 秒)
  • 使いたくないのなら、使っている者にねたましさなど感じる必要はないではないか。 ...
  • 前にも増して天文が妬ましかったが、それを平然と口にすることができた。 ...
  • 村に出かける準備をしているみんなを、ハリーは妬ましい思いで眺めていた。 ...
  • 人目にはねたましく見えそうなこの姿を、お絹が見たらなんと思うであろう。 ...
  • 己はあいつの脣が触れるかと思うと、 しゅの体さえ妬ましくなるのだ。 ...
  • その少年の美しい顔に逃亡の記憶の輝きを見た団長は、ある妬ましさも感じた。 ...
  • 古藤の童貞を破る手を他の女に任せるのがねたましくてたまらなくなった。 ...
  • こんな美しい都にとゞまつてゐられる事自体がねたましいのだ。 ...
  • そう思うと李張はねたましいような気になって来た。 ...
  • でもそれでもなお彼をねたましいと思うのは当然ですよ。 ...
  • それは二羽の山鳩やまばとに対するふくろうの憤ったねたましい目つきでは少しもなかった。 ...
  • いつでも、強い人間でいられる君が、ねたましいのかも知れないな。
  • そのため、母のちがう二人の姉はねたましくてならないのでした。 ...
  • だが同時に、意識したわけではないが、少女にねたましい気持ちが湧いたのも事実だ。 ...
  • 恨んでもしかたのないことだと知ってはいるが、かすかなねたましさを覚えなくもない。 ...
  • 彼女に対して君としか云ったことのない僕には、それらの呼び方が妬ましく聞える。 ...
  • 僕がすでに妬ましくならずにはいられないくらい、あの人は熱烈にあなたを愛し切っておりますもの。 ...
  • 次へ