妙に白々しい

5 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、一方の修一郎も、父に電話をかけた後、みょうに白々しい感情になっていた。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 暗い路面に、車のヘッド・ライトの作り出す光の輪が、妙に白々しい。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 壁越しにゴウゴウという轟きは相変わらず耳に届いてはいるものの、妙に白々しい間ができた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 隅田はそう思い、妙に白々しい気分になった。 半村良『石の血脈』より引用
  • みように白々しい空気が共有スペースにたなびいている。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用