妖精の女王

78 の用例 (0.00 秒)
  • これは『妖精の女王』研究の新たな標準テクストになると評されている。
  • 実はその女の子は成長途中の妖精の女王だった。
  • 妖精の女王の性質とか、この宇宙における目的とかを聞いてみたのだが、女王はただ困ったような様子をするばかりだった。 イエイツ/井村君江訳『ケルトの薄明』より引用
  • そこでフェアリーのウィスクが、妖精の女王のところに行きました。 ボーム・ライマン・フランク『サンタクロースがさらわれちゃった!』より引用
  • エドマンド・スペンサーへの影響として『妖精の女王』に重大な影響を与えている。
  • 同年12月ヘンリー・パーセル作のバレエ『妖精の女王』が上演された。
  • その妖精の女王は、浮かれ心の友達を連れ、いつも緑の牧場まきばでダンスをしていました。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • わたし、神経痛が起こるといつも誰かにたのんで『妖精の女王フェアリ・クイン』を読んでもらうの。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • カモシカの正体はパルミラの妖精の女王ギュル・ナザールであった。
  • 妖精のなかには妖精の女王フィオラなど特別な妖精も存在する。
  • 妖精の女王は、しばしば「五月のサンザシの花よりも白く、汚れない」とも描写される。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • 妖精の女王さまのゆりかごのすぐそばだというのに! シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • 妖精の女王から託された妖精の女の子を育てていく。
  • これらイタリアの作品を通したうえで影響を受け、イギリスのエドマンド・スペンサーも『妖精の女王』を執筆している。
  • 窮地に陥ったトムだが、妖精の女王の祝福が親指トムに力を与えた。
  • 妖精の女王ポワンも、そう言っていたな、とリュカは思った。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁 第3巻』より引用
  • わたしがたのんだのよ、エマに『妖精の女王フェアリ・クイン』を読んで聞かせて寝つかせておあげ、ってね。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • だが、まずわしは妖精の女王のまじないを解いてやろう。 シェイクスピア/大山敏子訳『真夏の夜の夢』より引用
  • 一方エドマンド・スペンサーは『妖精の女王』で、人間型のエルフを採用している。
  • その後で彼と会ったとき、彼は自分が『真夏の夜の夢』のなかで、ティターニア〔妖精の女王〕が眠っている人々に与えたのと同じ魅惑を持っているなどとは思ってもみなかった。 コクトー/佐藤朔訳『恐るべき子供たち』より引用
  • 次へ »