妖しい胸騒ぎ

5 の用例 (0.00 秒)
  • 一方でしかし、特異な肉体を持った彼女たちの、西洋の骨董人形めいた美しさに対しては、私は依然、半ば畏怖にも似た感情を含んだ妖しい胸騒ぎを感じざるを得ないのだった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • その微妙なカーブに妖しい胸騒ぎをおぼえた。 安部公房『飛ぶ男』より引用
  • はじめて千光寺で会ったときも、耕助は驚きの眼をみはったものだが、いまこうして、ほの暗い古風な玄関の衝立の向こうに、婉然として立っているところを見ると、いまさらのように、あやしい胸騒ぎを感じずにはいられなかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル03 獄門島』より引用
  • 東銀座七丁目の〈クラウン広告社〉に帰ってきたとき、井戸毅は、妖しい胸騒ぎを覚えた。 梶山季之『罠のある季節』より引用
  • 矢牧敬介は、妖しい胸騒ぎを覚えつつ、震え声で問い返した。 梶山季之『現代悪女伝・性の深淵』より引用