妖しい笑み

15 の用例 (0.00 秒)
  • 口元にあやしいみをかべながら、毒女がじりじりとせまってきた。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • 口元に妖しい笑みをうかべたまま、先輩は少しずつにじり寄ってくる。 奈須きのこ『月姫 白日の碧(シエル・トゥルーエンド)』より引用
  • 吐き捨てるような言葉に、少女はふと、あやしい笑みを消し去った。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 麻貴先輩は、ゾクッとするようなあやしい笑みを浮かべていた。 野村美月『文学少女シリーズ10 “文学少女”見習いの、初戀。』より引用
  • だが、ふたたびクファディスに視線をむけたとき、彼女の毒々しいまでに赤い唇には妖しい笑みが浮かんでいた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • うっふっふと妖しい笑みを浮かべながら両手を近づけるユキの姿に恐怖すら感じてしまった真田である。 亜瑠『バレンタインパニック』より引用
  • 話題の中心である少女は、それがうれしいのか、皆の顔を順繰りに見回しながら、何かをたくらん でいるような妖しい笑みを浮かべている。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 私が言うと、小津は妖しい笑みを浮かべた。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 真希はあやしい笑みを浮かべていた。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • そのまま絶頂を迎えるよう耳元に囁き掛けてくる麻美の表情が、実は男を蔑むだけの妖しい笑みであったことを。
  • 我に返って戸惑う主人公に対し、ようやく状況を把握した秋子は驚くよりもむしろ妖しい笑みを浮かべながら近寄ると、彼の手の代わりに自らの手でペニスを握り、巧みに扱き始める。
  • ごく真っ当な見通しを述べるジョウに、フォルニーアはあやしい笑みを浮かべた。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 上体へ覆い被さり唇へディープキスすら絡めてくる秋子に、主人公は堪らず絶頂を迎えて彼女の手の中から宙へ射精してしまうが、秋子は構わず更に妖しい笑みを浮かべながら自らの乳房どころか局部すら露にすると、ベッドの上へ全身を預けて主人公の顔の方へ股を開き、愛撫を求める。
  • アネリーは妖しい笑みを浮かべた。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(上)』より引用
  • 博子がふふっと妖しい笑みをらした。 神崎京介『密室事情』より引用