妖しい笑い

12 の用例 (0.00 秒)
  • ふしぎなことに、彼女たちの顔を、あやしい笑いが雲のかげのようにすぎる。 山田風太郎『風来忍法帖』より引用
  • しばらくして、はじめてお今の口辺に妖しい笑いが浮かんで来た。 山田風太郎『室町少年倶楽部』より引用
  • 女はその美しい顔に妖しい笑いをうかべていった。 駒田信二『中国怪奇物語〈神仙編〉』より引用
  • 可笑おかしげな男と見えたのに、このときその顔にあやしい笑いが浮かんだように見えたのは、或る分野における天才の自己陶酔というべきものであったろうか。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • 扉の前に立って、彼女はまだ一歩も入らないのに、睾丸斎に見えないように、にっと妖しい笑いを浮かべた。 山田風太郎『風来忍法帖』より引用
  • 美しい足をまかせながら、陽炎の目に、妖しい笑いがかすかにうかんでいるのをふたりは知らぬ。 山田風太郎『忍法帖1 甲賀忍法帖』より引用
  • 沢庵を見た眼にあやしい笑いがあった。 山田風太郎『柳生忍法帖(下)』より引用
  • 緋紗江は焚火の光で見た、粧子のあやしい笑い顔を思い出した。 泡坂妻夫『湖底のまつり』より引用
  • おぬいは誘うようなあやしい笑いを浮かべ、市兵衛をみている。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • それが、半亡霊の人間にふさわしいあやしい笑いを浮かべて、しかしそれらしくない殺気を全身から放ち、手に束にした鋼条を振りつつ近づいて来る。 山田風太郎『忍法封印いま破る』より引用
  • 陽炎の顔に、妖しい笑いがはしった。 山田風太郎『忍法帖1 甲賀忍法帖』より引用
  • 秋葉、ふふふ、と何やら妖しい笑い。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 幻影の夏』より引用