妖しい光

91 の用例 (0.00 秒)
  • 伏せかけた長い睫毛まつげの奥で、切れ長の瞳が妖しい光をたたえている。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 美冬は以前にも増して妖しい光に満ちていた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • その足の先に、あやしい光を帯びた毛虫が二、三匹うごいている。 吉川英治『旗岡巡査』より引用
  • 彼は自宅へ用事で帰ったとたん、上空に小さな飛行機を認め、つづいて三つのあやしい光を見た。 原民喜『夏の花』より引用
  • 光太夫は夜空に仰いだあやしい光を時々思い出したが、そのことは口から出さなかった。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • だが次第にその犬の瞳はあやしい光を放ち出した。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • その辺はゆきにもわかっているらしく、何度か頭を振って眼をしばたたくと、妖しい光は跡形もなかった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』より引用
  • と、金田一耕助の瞳のなかをなにやらあやしい光がキラリと揺曳ようえいした。 横溝正史『扉の影の女 v0.9』より引用
  • そのあやしい光を帯びた目を見つめるうちに、油谷は狂気に巻きこまれたと確信した。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 上』より引用
  • 男の眼の中に、あやしい光の色がきらめいていた。 夢枕獏『悪夢喰らい』より引用
  • 双の目が妖しい光をはなって、二人の子どもの姿をとらえた。 栗本薫『グイン・サーガ 001 豹頭の仮面』より引用
  • 彼は自宅へ用事で帰つたとたん、上空に小さな飛行機を認め、つづいて三つの妖しい光を見た。 原民喜『夏の花』より引用
  • あやしい光に目が慣れるにつれて、私は彼が片時も私から視線をそらさずにじっと見据えているのがわかってきた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • そして、目にあやしい光を宿して小さな声で言った。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • こたえる彼女の瞳もまた、妖しい光に燃えていた。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • 小杉の眼眸まなざしにも、いまはあやしい光が射しているようだった。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • 即位後、天に妖しい光が10日間出たという。
  • 野々山には、ひろがる闇が妖しい光を放つかのように思えた。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 凶暴な放射能で地平線は陽炎かげろうのようなあやしい光を放っていた。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • その眼が、妖しい光を放っていた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 次へ »