妖しい光を放つ

16 の用例 (0.00 秒)
  • 闇のなかでもその猫のような眼がりんと妖しい光を放っているのが分かった。 山田正紀『闇の太守 御贄衆の巻』より引用
  • 狭い道にコークスの山が築かれ、それが妖しい光を放っていたのだ。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • その灰色の目はおりおりあやしい光を放った。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 野々山には、ひろがる闇が妖しい光を放つかのように思えた。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 凶暴な放射能で地平線は陽炎かげろうのようなあやしい光を放っていた。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • その眼が、妖しい光を放っていた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • それにもかかわらず、くっきりとその舟が、若侍の眼をとらえたというのは、舟全体が、鬼火のごとく妖しい光を放っているからだ。 横溝正史『髑髏検校』より引用
  • また、建物の外壁や廊下の内壁には、妖しい光を放つ宝石がちりばめられていた。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • あの連中とめんを通している時、連中が連中の内なる邪悪な考えや猜疑心さいぎしんと格闘しているのを観察した時、このおぞましき物のが、うっすらとした影になり、絶えずめらめらとあやしい光を放っては消えていくのを、君は見なかったというのかい? ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • そうした直後、彼女の体を走る赤いラインが、あやしい光を放つ、その行動の意味に気づいたモエルが、大きな声で叫ぶ。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 瞳が、あかく妖しい光を放っているのだ。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 榊の瞳があやしい光を放った。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 一誠は放り投げていたジャケットのポケットから、妖しい光を放っているバイブレーターを取りだした。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、発情中につき』より引用
  • そのが、月光の中で、妖しい光を放っている。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • 目深まぶかに被った頭巾ずきんの奥で、目が妖しい光を放つ。 千葉暁『アルス・マグナ1 大いなる秘法 白き魔王』より引用
  • ユキの瞳が妖しい光を放つ。 亜瑠『バレンタインパニック』より引用