妄想

全て 名詞
5,618 の用例 (0.03 秒)
  • 私は決して気紛まぐれな妄想から経済的独立の可能をいうのではありません。 与謝野晶子『平塚・山川・山田三女史に答う』より引用
  • あの女こそ、長い間僕の頭の中の妄想の世界に巣を喰っていた鬼なのだ。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • あの女こそ、長い間僕の頭の中の妄想の世界に巣を喰って居た鬼なのだ。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • それは多分に被害妄想に似たものも多輝子ちゃんの中に有ったのだろう。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • 自分は女に恋をしているのではなく、自分の妄想に恋をしているのだ。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 妄想なんかしたくなかったが、思い出す時間があると考えてしまうのだ。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • しかし、それが旅人の被害妄想にすぎなかったことがわかるものもある。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • 現実の世界と、妄想の世界と、住むとしたらどちらが幸せなのだろうか。 鈴木光司『らせん』より引用
  • この燃え上って来た彼の妄想の横では、桟橋が黒い歯のように並んでいた。 横光利一『上海』より引用
  • 文化ショックといってしまえば片がつく程度の妄想なのかもしれない。 津野海太郎『小さなメディアの必要』より引用
  • 由香里には、今のが、妄想でも夢でもないことにだけは、確信があった。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 本物の透明人間になってしまったのか、とふと馬鹿げた妄想もうそうに襲われる。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • すべての現象は、わたしがいま殺したあの患者の妄想で作られていたのだな。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • 普段ならば考えられないようなことを、志貴は頭の中で妄想していた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • ただ、それの持つ意味を山代の妄想が異ったものにしているかも知れない。 井上靖『崖(下)』より引用
  • その破綻は自殺であるか、妄想の世界に完全に取り込まれることである。 中山元『フーコー入門』より引用
  • それともそれは被害妄想で、ただ特に何も言わないでおく人たちだったのか。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • に来てしまつたといふ風な妄想に走らせられたりする位ひなんだよ。 牧野信一『西部劇通信』より引用
  • 勝手な妄想の下に満州をつくりかえようとする人間どもへの逆襲なのだ。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • そんなものは私が心の中で作り出した妄想もうそうでしかないと思っている。 新井輝『ROOM NO.1301 09』より引用
  • 次へ »