妃周子

4 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、依仁親王と親王妃周子が養育していた久邇宮邦彦王第3王子邦英王が成人後、東伏見宮の祭祀を受継ぐために臣籍降下することで東伏見の家名を賜り、伯爵家となった。
  • 宮家自体は依仁親王妃周子が1947年GHQの指令により10月14日皇籍離脱するまで存続した。
  • 第1日目の演奏会には大叔父の伏見宮貞愛親王や閑院宮載仁親王、東伏見宮妃周子、義姉の久邇宮妃俔子、梨本宮守正王夫妻など、皇族28名の臨席を賜っている。
  • 千家尊福、美空ひばり、石坂洋次郎、石川達三、棟方志功、内田百間、犬養毅、石橋湛山、伏見宮博恭王、閑院宮載仁親王、依仁親王妃周子など数多くの著名人や皇族のゆかりの宿で格式高い建物である。