如何

全て 名詞 副詞
7,353 の用例 (0.01 秒)
  • 彼の言葉はその外にも如何に我々人間の弱いかと云ふことを教へてゐる。 芥川竜之介『続西方の人』より引用
  • 僕も承知しているのだ、今御膳会議で二人の噂が如何いかに盛んであったか。 伊藤左千夫『野菊の墓』より引用
  • そしてそのための資金を如何にして作るべきかをしきりに考えるのである。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • これはしまつた、と強いショックを受けたが如何することもできません。 石川三四郎『浪』より引用
  • 如何に貧窮なものも、誰一人としてこの逮捕から逃げることは出来ない。 黒島伝治『反戦文学論』より引用
  • この失敗を如何にして成功の道へ転換させようかと工夫するのである。 上村松園『棲霞軒雑記』より引用
  • 他の人にはそう見えても恭三のみには如何どうしてもそう思われなかった。 加能作次郎『恭三の父』より引用
  • そうすると如何しても今のところ小学校が一番重大な使命をもっている。 小川未明『人間性の深奥に立って』より引用
  • それが男子より婦人を組織するの如何に困難であるかの理由である。 ゴールドマン・エマ『結婚と恋愛』より引用
  • 脚本の魅力は、これは、俳優の力如何によつて、どうにでもなるものだ。 岸田国士『対話』より引用
  • 如何に排撃しようと、科学小説時代の温床おんしょうは十分に用意されているのだ。 海野十三『『地球盗難』の作者の言葉』より引用
  • 私はよくそれが如何に不可能事に近いとさえ思われる困難な道であるかを知る。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • とすれば、あの荘三郎との外観的な驚くほどの類似を如何に説明するか。 酒井嘉七『ある完全犯罪人の手記』より引用
  • 吾々はこの近代文化の本質とも見るべき分業制度を如何に取扱ふべきか。 石川三四郎『社会的分業論』より引用
  • この夢は如何に美しく大きく描かれても描きすぎることはありません。 岸田国士『生活力の強化』より引用
  • パイオニヤアは彼等の進みゆく道の如何に険悪であるかを自覚してゐた。 ゴールドマン・エマ『少数と多数』より引用
  • その後、二人の仲が如何に発展したか、それは云うまでもないことである。 海野十三『ゴールデン・バット事件』より引用
  • 如何にして、語の陰を多く重ね、幻影を匂ひやかにすることが出来るか。 折口信夫『短歌本質成立の時代』より引用
  • 或ロシア人は或時のクリストの如何いかに神に近かつたかを知つてゐない。 芥川竜之介『続西方の人』より引用
  • それは過去くわこ歴史的人物れきしてきじんぶつとき如何いかにするかといふことである。 伊東忠太『誤まれる姓名の逆列』より引用
  • 次へ »