奴ら

全て 名詞
4,639 の用例 (0.02 秒)
  • 事故を起こすような人間を許していた周りの奴らにも責任があるはずだ。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 我々がその方に気をとられている間に、奴らは仕事をしていったのです。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • しかも奴らはそれからも着々とその物質を改良しつづけてきているんだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『01 アンクルから来た男』より引用
  • 知行所の百姓奴らも不届にも何んだかだと蔭口をいっていると耳にした。 子母沢寛『父子鷹 下巻』より引用
  • 才能だけで忠誠心や国家意識の欠落した奴らを信頼すべきではなかった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • 俺は奴らを殺したように奴らの飼い主の悪魔をひと思いに殺してやろう。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • こうなったぢ奴らに現実の厳しさってモンを教えてやらねばなりません。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 彼らにこんな声をあげさせた奴らへの怒りを、どこまでも維持するために。 菊地秀行『吸血鬼ハンター08 D-薔薇姫』より引用
  • だが何も兄さんまで奴らの仲間入りをすることはないじゃありませんか。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • 街道の向こうからやって来た奴らに連れ去られたとみるのが常道じゃな。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 奴らは私の腕と脚を縛ってしまったので抵抗することができなかった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • やつらがあれほどまで卑怯であると知らなんだのが、おれの不覚であった。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • おそらく、皆様も彼奴きゃつらの称号を一度は耳にしたことがおありでしょう。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 奴らが首都を乗っ取ろうが撤退しようがこちらには関係のないことだ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 肌の色がなんであれ、奴らはフランクの社会に魂を売り渡した者たちだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • 血の味のする悪夢を見ているあいだ、奴らが何をしていたかではない。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • あいつは機会さえあれば間もなく奴らを説いてそれを止めさせましょうよ。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • やつらが食わなけりゃならないからして、俺は酒を飲んじゃおれないんだ。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • こんどは奴らも、あなたに毒舌をつく前に、少しは考えてみるでしょう。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 俺は、俺が死んでしまったものと世間の奴らに思わせなければならないんだ。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 次へ »