女装趣味

26 の用例 (0.00 秒)
  • そうか、こいつはずっと女装趣味のことを隠してきたんだもんな。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • そして、女装趣味という変態的な趣味を持っている奴でもあった。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • そんなあるとき自分自身を変えようと女装趣味へとハマっていく。
  • あと、女装趣味という変態的な趣味を持っている奴でもある。 松野秋鳴『えむえむっ! 第05巻』より引用
  • 女装趣味ぐらいで俺が引くかってーの。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • そんなすでに決まってることより、僕が校内の皆に女装趣味の変態として認識されそうってことの方が重要だよ! 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • あるいは、犯人は男性で女装趣味があったとか? 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • おまえ、結野にも自分の女装趣味のことを打ち明けたのか? 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 彼が言うことには、大阪谷には若い頃から女装趣味があって、同じ趣味を持つ男達と月に一度、こっそり買ったドレスなんかのお披露目ひろめ会をやっていたそうだ。 山本文緒『チェリーブラッサム』より引用
  • そうか、辰吉から相談を受けて女装趣味を告白することを勧めたのは、石動先輩だったな。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 単行本における作者の後書きによると、かねてから興味があった女装趣味と、連合赤軍等の学生運動とを一緒にして話が作られたとのことである。
  • 女装趣味なんてのはその最たるものだよ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 女装趣味を持ち、化粧をしたりドレスで着飾ったりする。
  • 歌が続くに従って、最初はまともな木こりを歌っていたが、興奮してきた木こりは段々と女装趣味を露呈してくる。
  • 女装趣味の変態小僧がなに言っちゃってるのよ? 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 女装趣味、などという安っぽい言葉では語り尽くせないほど、ディープな世界を感じるのだ。 柴門ふみ『とっても、愛ブーム』より引用
  • 月海は深く感謝するが、誰が見ても見とれる程の美貌を備えたその美女は、実は近所に邸宅を構える政治家一族の次男坊であり蔵之介という名の女装趣味のれっきとした男性だった。
  • バッチシOK、と言いたいところだったけれども、自分が何か、女装趣味の男のように思えてきて、彼女は鏡から目をそらした。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • さらに家族と同居している男性の場合、仮に何らかの方法で女装用品を揃えたとしても、多くの場合自らの女装趣味を家族に打ち明けることが困難であることから、自宅以外に女装用品を保管しておく場所を確保する必要があるが、個人でそのような場所を確保することは多くの場合コスト面で難しい。
  • 反面、障害概念が拡大し不明確となったことで、たとえば、性犯罪傾向者、異常性欲や露出狂、女装趣味のようなものから夜型まで、同法のいうところの「障害」となりうるのかという疑問も生じている。
  • 次へ »