女装癖

16 の用例 (0.00 秒)
  • 知らない人には奇異に聞こえるかもしれないけど、女装癖とでもいえばよいか。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • Xなどのお化粧バンドは皆女装癖というナルシシズムをどこかに持っていると言っていいだろう。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • したがって、美濃子は、国春の女装癖を、まるで知ってはいなかった。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 国春が、女装癖を持つようになったいきさつは、あらかた想像できた。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 康祐の名誉のため付け加えると、別に女装癖があるわけでなく、ご遺体の死化粧用に持ち歩いているものだ。 神埜明美『ジュリエットと紅茶を ―ようこそ、呪殺屋本舗へ―』より引用
  • 女装癖との境界は曖昧だが、女装癖の場合は異性愛傾向が弱くなるので、その部分で分類することが多い。
  • 感情的に不安定な思春期の少年少女や、女装癖を持つ少年、ツンデレを好みとする。
  • 女装癖があり、第二次世界大戦に従軍した際、上陸作戦中にブラジャーとパンツを軍服の下に着込んでいた。
  • 元老院議員として宮殿に出入りしていたカッシウス・ディオはヘリオガバルス帝の性的倒錯を記録し、同性愛ばかりではなく女装癖があったとして実際にその現場を見たことを記録している。
  • エドが自らの服装倒錯趣味を映画に反映させていたが、ドロレスは彼の女装癖に嫌悪感を隠せなかった。
  • 何だか女装癖があるらしいんですの。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』より引用
  • 本曲のPVは、どこか不自然さのある女性が序盤に登場するが、中盤においてこの女性の正体が、かつて仲が良かった姉が死亡し、教会の聖母マリア像に祈りを捧げ、それからしばらくして姉が使っていた化粧を自分に施すのがきっかけになって女装癖に目覚めた男性だと判明する内容である。
  • そして、櫛野に教えられたか、国春のほうで興味を持ったのか、その辺の事情はわからないにしても、彼が女装の世界に開眼し、病みつきになったであろう様子は、遺書のなかで櫛野の女装癖を説明している文章で、十分にうかがえる。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 野球チーム、グリフォンズに所属する中学1年生、田尾のぞむはコールド負けした試合で罰ゲームとしてチアリーダーの格好をさせられたのをきっかけに女装癖に目覚めてしまう。
  • 髪を染める、全身にタトゥーを入れる、女装癖を隠さないなど、独特なライフスタイルも話題を集め、コート内外で起こす様々な騒動も注目された。
  • 遊園地でのデートで、エドはキャシーに自らの女装癖について告白するが、彼女は「男性として女性を愛してくれるなら」と、それを受け入れエドの伴侶となる。