女装男性

10 の用例 (0.00 秒)
  • かつては男性同性愛者にとって出会いの場は殆どなく、ゲイバーといわれる店はあっても女装男性が異性愛者に接客するバーが全国に数店舗ある程度だった。
  • また、この女装男性にとって憧れの姉が、彼の「天使」であるという表現が成されている。
  • これまで、現実世界で女装を行う男性を「女装子」と呼ぶのに対し、「」という言葉は主に創作作品の中の設定を指すことが多かったが、2010年代に入ると現実の女装男性に対しても一般誌やテレビが「」と表現することも多くなった。
  • 現実世界においては、外見がだと判断されるような者の中にもセクシャルマイノリティ当事者とそうでない女装男性がいるが、一括りに「」と定義づける事はいささか乱暴だという意見もある。
  • だが本来のゲイ用語としてのオネエの意味は、「女装をしない女性的なゲイ」を指しており、男性性を受容しているゲイや女装男性は含まれない。
  • これにより、当初は女装男娼者の中のそれも肛門性交をよくする者への蔑称だったのが、1980年代頃からは「女性的な男性」全体に拡大し、性同一性障害者を含む女装男性は勿論、女装しない女性的なゲイ、女性的な異性愛男性への蔑称としても盛んに使われるようになった。
  • これにより、当初は女装男娼者の中のそれも肛門性交をよくするタイプへの蔑称だったのが、1980年代に入った辺りからは使用範囲が拡大し、女装男性はもちろん、非女装の女性的なゲイ、そして同性愛ではない女性的な異性愛男性への蔑称としても盛んに使われるようになった。
  • そのことは同誌にある種の客観性を持たせたのではないかという指摘がある一方、性的マイノリティの当事者性を重視する立場から、女性が女装コミュニティに関わるのはある種の越権であり、本来、女装男性当事者によって担われなければならなかったという声もある。
  • メディアの同性愛者のステレオタイプな取り上げ方は変わっておらず、女装男性や女性的な仕草のゲイを茶化して笑おうとすることや、男性的なゲイや女性同性愛者の抹消などの課題がある、と三橋順子は主張する。
  • お母さんor小学生、女装男性or本物女性など。