女装家

18 の用例 (0.00 秒)
  • 雑誌で取り上げられて「元大学教授の女装家」として知られるようになる。
  • またニューハーフの店で働いているのはニューハーフとは限らず、女装家もいる。
  • 元大学教授の女装家として知られる。
  • 女装家のミッツ・マングローブと交友があり、本人のブログに何度か登場している。
  • すなわち、性同一性障害や女装家を除いては極少数のゲイが見せ物として女装をするのである。
  • またニューハーフ・バーとは別にその女装家がママを務める女装系ゲイバーもある。
  • 店員にゲイと女装家とニューハーフが混在しているバーのこと。
  • 女装家で性社会史研究家の三橋順子によると、1960年代の新宿二丁目の千鳥街の地図に、「やなぎ」という飲み屋の名前がある。
  • 男性同性愛者は、ゲイ、オネエ、女装家と実際はタイプが分かれており、二丁目において数の上で主流はゲイである。
  • 男性同性愛者の中でも、性自認が女性的な非女装の男性同性愛者や、女装家など、女性度が高く、それでいて男性的な部分もある程度残っている同性愛者の一部が「どうせ私たちはオカマです」と自虐的に自称することがある。
  • ダイアナ・エクストラバガンザは、日本の女装家、美容家である。
  • 一般的には、性同一性障害、異性装をする同性愛者、異性装をする異性愛者、そして同性愛者の違いが分からないという人が多く、ニューハーフや女装家とゲイを混同している場合、ゲイの多くが女装をしているように見えてしまうことがある。
  • ニューハーフや女装家など女装をした男性・元男性が、主として一般の異性愛者に接客する女装バーと、女装をしない男性同性愛者同士が集うバーの2つがある。
  • 「華やかに、軽やかに」をキャッチフレーズに女装家として活動する一方、銀座の高級クラブでホステスとして勤務している。
  • 女装をするニューハーフや女装家もおり、女装も広義のゲイファッションの一部ともいえるが、女性ファッションである。
  • 女装家の青江忠一は自分を「ゲイボーイ」と思っているので、街中で「オカマ」と罵られると、追いかけてハイヒールで殴って抗議していた。
  • 女装家の青江忠一は自分を「ゲイボーイ」と自認しているので、街中で「オカマ」と罵られると、追いかけて下駄で殴って抗議していた。
  • ミッツ・マングローブは、日本の女装家、ドラァグクイーン、タレント、ナレーター。