女装姿

29 の用例 (0.00 秒)
  • 初期には女装好きという一面もあり、ことあるごとに女装姿を披露していた。
  • その全てをつき止めたとき、女装姿の村木が遂に陽子の前に現れるのだった。
  • 基本的に異性装者であり、公式イベントでも女装姿で通している。
  • むしろ、自分の『可愛い女装姿』の写真満載の本なんて見たくもない。 風野潮『僕はアイドル? 02 26』より引用
  • 進也はそこで女装されられた自分の姿を見て、初めて理想の女性が自分の女装姿だったと気づく。
  • 出演時には女装姿で顔に化粧をしており、これは「男らしさ」のないことを嫌っていた父親へのあてつけであった。
  • また、このミュージックビデオで女装姿のの子との共演もある。
  • だが、しのの正体は新しく一乃のクラスメイトになった歴とした男子・新の女装姿だった。
  • 面白そうなことには何にでも興味を持ち、女装姿のハヤテが虎鉄に迫られるところを見てわくわくしたこともある。
  • ハヤテの女装姿をかなり気に入っているようで、罰ゲームとして女装させようとする時がある。
  • 目鼻立ちの整った美形の持ち主で、その女装姿に日本の男が次々と引っかかった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 超満員のコンサートで、メンバー達はオムツ姿や髭だらけの女装姿で登場したりもしたことが一因である。
  • 作中ではそんな印象から度々女装姿が描かれる。
  • なお、PVではメンバーの女装姿を観ることができる。
  • なよっとしているようで、目には強い力を湛えていた女装姿の少年を思い出したテテスは、照準ディスプレイのレティクルを白ヒゲの頭部にセットした。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ロラン・セアックの女装姿に惚れてしまったり、「女王の尻を追っていろ」という表現で侮辱された際に、自身よりも女王に対する侮蔑表現と取って怒りに我を忘れてしまうといった一面もある。
  • 打揃いながら別室へ退しりぞいていったかと思われましたが、程経てそこに再び立ち現れた京弥の女装姿は、まこと、女子にしても満点と言った折紙すらもが今は愚かな位です。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 中国人の売春ホステスは、こうした女装姿のタイ人からヤバーを仕入れるようになったが、それも期間は一、二年である。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 口封じのため深雪に女装させ、舞台に出演させたところ、深雪は自分の女装姿がすっかり気に入り、ちょっと危ない世界に入りそうになる。
  • また、晶に相当する大山千里は「女装が趣味」と公言し、中学校の文化祭では本名で「ミス一中」に選出されて大勢の生徒の前で女装姿でその歌声を披露している。
  • 次へ »