女装クラブ

19 の用例 (0.00 秒)
  • 女装クラブに初めてくる人なんか、更衣室に入ったきり出てこれないもんね。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 取材で女装クラブに行ったついでに、自らも女装して鏡を見た私はそう呟いた。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • このような問題の存在に対し、完全ではないまでも一定の解決策を提供することを目指したのが女装クラブである。
  • 私は女装クラブのトイレに行くたび、「ああ、ステキ」と自分の顔を眺めたもんだ。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • ここは女装クラブであったのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿01 東京ナイトメア』より引用
  • 同クラブでは会員向けに「会員の部屋」と呼ばれる女装の支度用の部屋を用意しており、これが現在に至る女装クラブの原型になったのではないかと見られる。
  • 女装クラブの密室の中でサロン的に仲間と喋ったり、外に出ると言ってもせいぜい新宿二丁目あたりに飲みに行くぐらいでしょ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 女装クラブは、女装したい男性のために衣装の販売・レンタルや化粧を行ったり、女装者同士や女装者に興味を持つ男性の交流場を提供することを目的とするクラブのこと。
  • 東京はさ大きな女装クラブがあるし情報も多いから、どうしてもシステム化しちゃうし遊び方もパターン化しちゃうんだよ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 今度は写真スタジオだったから、薄暗がりの女装クラブで酔っ払いながら見たのと違い、まざまざと自分の顔が見える。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • これ以前の女装クラブがあくまで仲間内のサークルの域を出なかったのに対し、営利目的で運営される初の女装クラブとして成人向け雑誌へ広告を出すなどの展開が功を奏して人気を博し、その後名古屋・大阪にも店舗を構えるに至った。
  • エリザベスは1980年に女装者の交流の場として女装雑誌「くいーん」を創刊するなど、現在に至るまで日本の女装クラブの中心的存在となっている。
  • 女装クラブの走りは、1955年に発足した「演劇研究会」という名のアマチュア女装サークルであると言われる。
  • テディベアかプーさんのハンカチを振るジャッキーさんに会釈えしゃくして、私たちは女装クラブの外に出た。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿01 東京ナイトメア』より引用
  • 現在はネットワークでの情報流通が全盛となっており、女装者や女装クラブの経営者及び女装者との付き合いの深い女性により、同人誌として細々と発刊されている。
  • これ以前の女装クラブがあくまで仲間内のサークルの域を出なかったのに対し、営利目的で運営される初の女装クラブとして成人向け雑誌へ広告を出すなどの展開が功を奏して人気を博し、その後、レンタルビデオ店を運営していたオーツーが名古屋に、女性用下着の卸売りをしていたエム・ケイ企画が大阪に店舗を構えるに至った。
  • 褒められる快楽を自分でもよく知っているためか、女装クラブでは、皆さん、すごく褒めてくれる。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • アント商事は、もともと女性下着の通信販売などをしていた会社だが、申込者に女装愛好家が多かったことから、1979年、東京・神田に日本初の商業女装クラブ「エリザベス会館」をオープンする。
  • エリザベスは、女装クラブである。