女神

全て 名詞
8,602 の用例 (0.02 秒)
  • その幸福は、女神があんたのために大事にとっておいてくれたものだよ。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • それから女神ご自身はというと、肘掛け椅子へと案内して座につかせた。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(上)』より引用
  • わが女神のつくったコーヒーはいつもよりもいちだんとうまく思われた。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 君はたった今、彼女が人間なのか女神なのかわからないといっただろう。 チョーサー/繁尾久訳『精選カンタベリ物語』より引用
  • 漆黒の夜の女神はいつも我々と一緒に住んでいるというわけにはいかない。 ポー・エドガー・アラン『モルグ街の殺人事件』より引用
  • まるで女神が目の前に出現したかのように、ほけっとした顔になっている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • これが縁となって、善五郎はその後いく度も女神の屋敷に通うようになる。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • 間もなく、又その影の影のように、慈悲の女神が、宮を出て消えました。 宮本百合子『対話』より引用
  • いや、戦う意思などない傍観者ぼうかんしゃを無理に巻き込んだ女神様が原因だろう。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • まるで、運命の女神が彼の手のなかに押しこんでくれたも同然だった。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 機会の女神はこちらが眠ってさえいなければ、全く親切な女主人なのです。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • そこから、古代神話の時を つかさどる運命の三女神の名を与えられたのだ。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 女神さまのこのような切ない言葉に感動しないような人間があるでしょうか。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • 一方女神のお持ちの物といえば、全くさまざまなものがありました。 アプレイウス/呉茂一・国原吉之助訳『黄金のロバ』より引用
  • 女神たちの一行が滞在する屋敷から、三匹の獣が飛び立ったのである。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 今ここにはゴルゴネイオンがあり、あの女神と直接出会った護堂もいる。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • とたんに運命の女神は、なにかしらあの男に損をさせなくては、と思う。 阿刀田高『まじめ半分』より引用
  • 彼女らは人間という形を借りて地上に現われた美の女神の象徴です。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 俺の命、こんな女神様に預けてしまってもいいのかと不安になってしまった。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • そこでは、この女神は両手に蛇を掴み、頭に鳥を載せた姿で描かれる。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 次へ »

女神 で始まる単語