女王蜂

全て 名詞
180 の用例 (0.00 秒)
  • いまだかつて、この女王蜂の巣へこのような形で侵入した者はいなかった。 森村誠一『大都会』より引用
  • 女王蜂のセルは特に大きめに作られて垂直に配置され、王台と呼ばれる。
  • 女王蜂も毒針こそ持つものの攻撃性は低く、刺すことはほとんどない。
  • 養蜂家はそれ故毎年か数年おきに、しばしば女王蜂を替えることがある。
  • 月琴島の大道寺家に起こった事件は、『女王蜂』のなかに書かれている。 横溝正史『金田一耕助ファイル10 幽霊男』より引用
  • 雄ミツバチは遺伝的構造の半数体で母である女王蜂だけの子孫である。
  • 彼女は女王蜂であり、彼女の周囲に群がった男たちはすべて働き蜂だった。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 人間が見れば女王蜂の殺人運動にも翳は見るものなんですね。 坂口安吾『桂馬の幻想』より引用
  • 以上で紹介したシャトルを特に指す場合は女王蜂シャトルとも言う。
  • 同じく蜂の姿をしたポケモンには女王蜂がモチーフのビークインがいる。
  • かれはいま彼女を女王蜂にたとえた、あの警告状の文句を思い出しているのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • 女王蜂が巣立ちを迎えた季節に、健一とサブにも別れのときがやってきた。
  • 女王蜂の卵と働蜂の卵との間には何にも違つた点はないのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • あいつは女王蜂ばちだ、などと男の子は言いながら、トシ子の言うことをきいていた。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • そして春に備えて冬の後半から女王蜂は産卵を開始する。
  • 女王蜂があの巣箱の中に落ちついてしまえば、ほかの蜂たちは必ずしたがう。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』より引用
  • 性別や女王蜂、働き蜂の決定は基本的にはミツバチと同じようなものである。
  • おまえの舌が女王蜂じょうおうばちになったりはせんから、安心しろ! 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』より引用
  • 女王蜂が最初に作る巣には、働き蜂が誕生して大きく成長した巣には見られない特徴が見られることがしばしばある。
  • 蜂が女王蜂をつくらうとする時には、その特別の王房に生れた卵をその目的で扱ふのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 次へ »

女王蜂 の使われ方