女王様

1,495 の用例 (0.01 秒)
  • 女王様が教えてくれた店に行くと、そこは立ち飲みのコーヒー屋だった。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 自殺という選択肢は、もはや女王様の今後の人生にはあり得ないと思う。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • なんと女王様、エルメスに対する興味を急速に失ってしまったのである。 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • 赤ん坊の頃の女王様の脳内世界は、揺り籠の中だけの広さしかなかった。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • その嬉しさに、疲れた身体からだを踊らせながら女王様の前に帰って来ました。 夢野久作『ルルとミミ』より引用
  • その瞬間、女王様の全身に、えもいわれぬ解放感が満ち満ちるのである。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • なのに、女王様はついにテレビのレギュラー番組を引き受けてしまった。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • ミミは思わず駈け込んで、女王様の長い長い着物の裾に走り寄りました。 夢野久作『ルルとミミ』より引用
  • が、女王様の耳には、医者のそんな声が聞こえてくるような気がした。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • そこで女王様は、自分は個人からは絶対に金を借りまいと心に誓ったのだ。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • まず、女王様を驚かせたのは、診断書に書かれた次のような記述である。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • 女王様の一人が中継スタッフにきついて無理やりキスをしようとした。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • もし相手が翔子女王様でなかったなら、私は怒り出していたかもしれない。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • ほんの数年前まで、女王様は自他ともに認めるエルメスファンであった。 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • 時は月末、女王様の財布には、なんと千円しか入ってなかったのである! 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • こういった女性の願望を満たしてくれるのが女王様という立場なんだろう。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 女王様の怒り冷めやらぬ翌日、もっと信じられない事件が起きたのである。 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • 私は女王様、京子さんと予定の一時間を大幅に超え、三時間近く喋った。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 少なくとも女王様の性格には、そういう部分が顕著に見受けられるのだ。 中村うさぎ『さすらいの女王』より引用
  • こうした事情で、それ以来、女王様は一度もこの自転車に乗ってない。 中村うさぎ『ショッピングの女王』より引用
  • 次へ »