女王ヴィクトリア

76 の用例 (0.01 秒)
  • 多くはイギリス女王ヴィクトリアにちなんで命名されたものである。
  • 次男アルブレヒトは1840年にイギリス女王ヴィクトリアと結婚していた。
  • イギリス女王ヴィクトリアおよびその王配アルバートの双方の従兄である。
  • 弟にイギリス女王ヴィクトリアの王配となったアルベルトがいる。
  • 英国の女王ヴィクトリアはコリーなどの犬を多数飼っていた。
  • また、1837年に即位することになる女王ヴィクトリアの母はレオポルドの姉であった。
  • またイギリス女王ヴィクトリアとその王配アルバートとは従姉弟の関係にあたる。
  • イギリス統治時代に建造された公園で、その名は同地に建てられたイギリス女王ヴィクトリアの銅像に由来している。
  • イギリス女王ヴィクトリアの名前に由来する。
  • 彼とイギリス女王ヴィクトリア、その王配アルバートとは従姉弟の関係にあたる。
  • 命名当時、イギリスにおいてヴィクトリアという名は一般にイギリス女王ヴィクトリアを想像させるものであったことから、生存している人物の名を小惑星に命名することに対してさまざまな意見が出された。
  • イギリス女王ヴィクトリアの孫にあたる。
  • 一時は忘れられていたこの歴史書はルネッサンス時代に再発見され、ビクトリア朝の時代には当時の女王ヴィクトリアと同じ意味を有する名を持つ伝説の女王としてブーディカの伝記は広く知れ渡った。
  • ランドシーアは宮廷画家としてイギリス女王ヴィクトリアからたびたび彼女の家族やペットを描いた作品の委嘱を受けるなどイギリスの上流階級の間にも名が知られた存在だった。
  • 母フェオドラはイギリス女王ヴィクトリアの異父姉にあたる。
  • オーガスタスは、女王ヴィクトリアのお気に入りの叔父であった。
  • バルフォアが首相に在任していた時代の国王エドワード7世は彼に好意を持たなかったが、前女王ヴィクトリアからは高く評価されていた。
  • この際にフリードリヒ王子はイギリス女王ヴィクトリアの第一王女ヴィクトリアと婚約した。
  • またイギリス女王ヴィクトリアとの縁談もあったがこちらも成立せず、結局アレクサンダーは終生独身であった。
  • 両親はウェールズ公アルバート・エドワードとの縁談を進めたが、これに最初乗り気だったイギリス女王ヴィクトリアも彼女の顔を見て破談にするほどだった。
  • 次へ »