女王メアリー

63 の用例 (0.00 秒)
  • フェリペとカトリック教会は、テューダー家の血を引くカトリックのスコットランド女王メアリーこそが正統なイングランド君主であると考えていた。
  • スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。
  • 彼は徹底的にスコットランド女王メアリーを疑っていた。
  • 女王メアリー1世とスペインの王子フェリペの結婚への抗議行動であり、メアリー1世の廃位を暗に求めた。
  • テイラーはその他にも、イングランド女王メアリー1世が所有していたことで知られる、ラ・ペレグリーナと呼ばれる50カラットの真珠も所有していた。
  • 女王メアリー1世の時にはカトリック教会を国教にしようとした為に国教会側の人々はトマス・クランマーを含め逮捕、処刑されたが、女王エリザベス1世が即位するとエリザベスはローマ教皇の命令を聞かなくなり、イングランド国教会が国教に定められた。
  • しかしスコットランド女王メアリーとの結婚計画によりエリザベス女王に警戒され、1572年に大逆罪により爵位接収のうえ処刑されている。
  • 婦人の執政を異常としており、ローマ・カトリックの君主、特にスコットランド女王メアリー・ステュアートとイングランド女王メアリー1世といった女性を主権者にすることに対する反対である。
  • ジェームズ5世の庶子であった彼は、異母妹であるスコットランド女王メアリーによって島々を与えられていた。
  • 娘アン・ハイドはイングランド国王ジェームズ2世の最初の妻で、イングランド女王メアリー2世・アンは外孫に当たる。
  • その後グランヴェルは、イングランド女王メアリー1世と、カールの長子フェリペとの結婚交渉を指揮した。
  • メアリー1世が死ぬとエリザベスが王位につくがこれに異を唱えたのがスコットランド女王メアリー・スチュアートだった。
  • 「ブラッディ・メアリー」と呼ばれた女王メアリー1世である。
  • 長兄であるドーファン・フランソワの婚約者としてスコットランド女王メアリー1世が宮廷で養育されており、彼女と同じ部屋で育ったとされる。
  • ハーバートは、大同盟戦争初期にイギリス主力艦隊の司令長官を務め、1690年6月にフランス艦隊と遭遇した際に消極的な退避行動をとった末、女王メアリー2世の命令でようやくビーチー・ヘッドの海戦を戦ったが、敗れた。
  • さらにイングランド王家の血を引くスコットランド女王メアリー・スチュアートはカトリックということもあって、イングランドの王位を巡ってエリザベスの周りには様々な思惑が渦巻いていた。
  • 女王メアリー1世が宗教改革者を弾圧していたイングランドから、当時ジャン・カルヴァンらが共和制を敷いていた、スイスのジュネーヴに亡命してきたプロテスタント神学者たちがいた。
  • この略奪がすべて終わった後、フィップスは農民に、国王ウィリアム3世と女王メアリー2世に忠誠を誓わせようとしたが、農民たちは難色を示した。
  • マリア・テレジアは叔父モデナ公フランチェスコ5世の死によって、1875年にジャコバイトが支持するところのイングランド王位を得ていたため、まれにイングランド女王メアリー3世などと呼称される場合もある。
  • カトリーヌの時代にはメディチ家はイタリアでは有力家門になっていたが、フランス宮廷では不釣り合いな結婚と見なされており、息子の嫁のスコットランド女王メアリーまで「フィレンツェの商人女」と陰口を言っている。
  • 次へ »