女王メアリー

63 の用例 (0.00 秒)
  • 女王メアリー2世は1694年に天然痘によりケンジントンで死去している。
  • ケント州では宗教改革の勢いが強く、カトリックのスペイン王子と女王メアリー1世の結婚は不人気であった。
  • 一方、ブラッディ・マリーの名の由来ともなったイギリス女王メアリー1世にちなんでいるとの説もある。
  • スコットランドの女王メアリー・スチュアートは、熱心な刺繍の製作者であったことが知られている。
  • イングランド女王メアリー1世と結婚期間中共同統治者としてイングランド王フィリップ1世の称号を有していた。
  • 彼はもう一人の王位継承候補者であるスコットランド女王メアリーよりもエリザベスが好ましいと考えた。
  • 黄金の薔薇がイギリス出身の女性に贈られたのは、1555年のイングランド女王メアリー1世以来のことであった。
  • エールはトラクエアにおいてスコットランド女王メアリーの時代にも醸造されていた。
  • ノックスはスコットランド教会の確立のために戦い、ローマ・カトリックの女王メアリーと対決した。
  • フランスでカトリックの教育を受けたスコットランド女王メアリーは、1561年にスコットランドへ帰国した。
  • スコットランド女王メアリーとの結婚計画を進めたことでエリザベス女王に警戒されるようになり、1569年のの際にロンドン塔に幽閉され、さらに1571年のに関与したとされて1572年に大逆罪で処刑された。
  • イングランドでは、フェリペ2世とイングランド女王メアリー1世の結婚の交渉にあたった。
  • ところが、その後に即位した女王メアリー1世は、カトリック教会を国教にしようとして、反抗する人々を容赦無く逮捕して処刑した。
  • フェリペがイングランド女王メアリー1世と結婚し、スペインに不在となるため、その間の摂政を命じられたのである。
  • スコットランド女王メアリー・スチュアートの治世下で、プロテスタント宗教改革の指導者としての働きを続けたのである。
  • スペイン人は、イングランド女王メアリー1世の夫がスペイン王フェリペ2世であった関係から、スペインがメキシコの領土を併合するなど強い影響を及ぼした。
  • 彼女はフランスがイングランドへ侵攻し、スコットランド女王メアリーをイングランド王位に据えようと企てることを恐れていた。
  • カトリックを信仰した女王メアリー1世は1567年にプロテスタントのジェームズ・ヘップバーンと結婚し、これに反対する貴族たちの大規模な反乱を引き起こした。
  • ローリーの家族は宗教的には非常にプロテスタント寄りであり、カトリックである女王メアリー1世の治世には、小規模な逃走を何度も経験している。
  • ヒリアードは1560年に当時13歳だった自身の肖像画を描いており、18歳のときにスコットランド女王メアリーの肖像画を書いたといわれている。
  • 次へ »