女王エリザード

20 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく、この光景の核は女王エリザードや連合の意義ユニオンジャックなどではない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • その違和感の正体を知る者をにらみつけると、女王エリザードはこう答えた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 馴染なじみがないかもしれないが、あの剣こそが英国女王クイーンレグナントエリザード様の象徴なのだ!! 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 言って、英国女王エリザードは顔全体で大型船の船長のように力強い笑みを浮かべた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • だが、女王エリザードが気にかけているのはそこではない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 女王エリザードは、その力を支える特別な剣を、自ら手放したのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • しかし確実に一つの国家を左右するであろう『力』を手にした者達に、英国女王エリザードはこう叫ぶ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 苦いものを感じながら、上条は女王エリザードに向けて声を放つ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • もしかしたら、女王エリザードが明け渡したのは、とても簡単なものだったのかもしれない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 英国女王エリザードは馬に乗っていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 女王エリザードが行った逆転劇だけではない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 英国女王エリザードによると、インデックスの人権を確保する為に必要な措置であり、非人道的な意見に対処するには「制御下に置かれ安全である」と示さなければならなかったとのこと。
  • 英国女王エリザードは笑顔のままカーテナ=セカンドに手を伸ばす。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • ようやくロンドン近郊までやってきた女王エリザードだったが、軍馬の方がスタミナ的にへばってしまった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 剣の切っ先を突きつけられ、女王エリザードは、それでもあきれたようなため息をつく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 対して、英国女王エリザードは何も持たない素手を構え直し、一代で築き上げた大企業を自慢じまんする社長のような笑顔でこう言った。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 名目上、イギリス清教のトップはイギリス国王であり、今代では女王エリザードが務めているのだが、本来側近の役職である最大主教が実質的にイギリス清教及び清教派のトップとしての権限を有して指揮を執っており、今代ではローラ=スチュアートがその座に位置している。
  • ここで旧女王エリザードと『清教派』が結託して大々的な反攻作戦を展開した場合、『騎士派』の精神は持ちこたえられるか。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 女王エリザードの言葉に、第二王女のキャーリサもうなずく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • インデックスが魔道書の知識を前面に押し出して月詠小萌を誘導するのと違い、女王エリザードはそうした魔術の『におい』を徹底的てっていてきに隠す。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用

女王エリザード の使われ方