女王エリザベス

176 の用例 (0.00 秒)
  • 父ウィリアムは、にある女王エリザベス2世の所有地の管理人を務めた。
  • 彼女の名前はイングランド女王エリザベス1世にちなんで名付けられた。
  • 近年は、イギリス女王エリザベス2世やアメリカ大統領の前でも踊った。
  • 多くの者が想像するようにイギリス女王エリザベス1世に因むものではない。
  • 不安の原因の一つは女王エリザベスの後継者の問題だった。 シェイクスピア/大山俊一訳『オセロー』より引用
  • またこのことには女王エリザベス2世本人の直接の意向があったと言われている。
  • 一つの例がイングランドを支配した女王エリザベス1世である。
  • だがそこに、お忍びで客席にいた芝居好きの女王エリザベス1世が現れた。
  • また、イングランド女王エリザベス1世との結婚の交渉が進められていたことがある。
  • 晩年にはイングランド女王エリザベス1世の国使が来訪している。
  • これは2012年に女王エリザベス2世が即位60年となることを記念して付けられたものである。
  • イギリス王室の所有で、女王エリザベス2世が週末に過ごす場所でもある。
  • やがて彼はイングランド女王エリザベス1世の宮廷に接近し、女王のための任務につくようになる。
  • 同時代のイングランド女王エリザベス1世と比較されることも多く、また数多くの芸術作品の題材となっている。
  • ウェストミンスター寺院で洗礼を受け、女王エリザベス2世が代母となった。
  • イギリス女王エリザベス2世の王配エディンバラ公フィリップの父である。
  • 現在の英国女王エリザベス2世も愛犬家で知られている。
  • エリザベス1世はしばしばイングランド女王エリザベス1世を指し示す。
  • イギリス女王エリザベス2世が1度購入したことがある。
  • オープンのすぐ後に、女王エリザベス2世が訪れている。
  • 次へ »