女犯

全て 名詞
113 の例文 (0.00 秒)
  • 女犯によぼんは当然のこととして、住職はお針の女ということで妾を置いている。 ...
  • 僧職にありながら女と肉交することは女犯として江戸時代は重罰だった。 ...
  • わしが女犯しとるってことが知れたら、村んもんに殺されるき。
  • 女犯によぼんをすることは、仏の道に反するように思えるのである。 ...
  • 継父も、もとは坊主だが、還俗げんぞくしていたから女犯によぼんの罪には当たらない。 ...
  • 初めのお子のときも性助法親王は女犯の罪をあげつらわれ、世間の批判を浴びたではありませんか。
  • 僧の女犯には単独の刑罰として晒が課されたこともあった。 ...
  • 一説によると、女犯にょぼんのために寺を追われた坊主だというが、あるいはそんなところかもしれぬ。 ...
  • 中世頃には、仏教の戒律のひとつの女犯に関するものの影響が見受けられ、とくに男性社会の側から恋愛を危険視する傾向が生じた。 ...
  • やがて女犯した出家僧を脅迫して金品を強請り取るようになった。 ...
  • これが本当ならば、大規模な女犯事件となる。
  • 仁和寺の御門主が女犯によぼんして、相手をみごもらせたなどと表沙汰になっては大変です。
  • 出席した女性全員が、『女犯2』の中で本当に強姦が行なわれたのではないかと疑っているのだ。
  • 紗絽女犯人説を唱えて自分が潔白であることの依り所としていた安孫子ですよ、彼女を殺すわけがないではないですか。 ...
  • 江戸時代、女犯が発覚した僧は寺持ちの僧は遠島、その他の僧は晒された上で所属する寺に預けられた。 ...
  • 戒律により女犯を禁じられている僧たちの、男色の相手も、この稚児が務めたりしていたのである。 ...
  • 事のついでに和尚の女犯を皮肉るところ、ただの与太郎じゃない。 ...
  • 次へ