女房詞

全て 名詞
6 の用例 (0.00 秒)
  • 酒の女房詞「ささ」に由来する酒の雅称「竹葉」に由来するもので、初代店主の号としても使用された。
  • 主人はたしなめて、 「豆腐をおかべと言うのは、女房衆のことばで、男がそんな女房詞を使うものではない」 と言った。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • 元々は女房詞であり、強飯ともいう。
  • それを女房詞にようぼうことばでヒトモジとかヒトモジグサと呼んだ。 池波正太郎/佐藤隆介・編『鬼平料理帳』より引用
  • 醤油の別名、したじは吸い物の下地の意から、むらさきの別名の語源は諸説あり、醤油の色から来た女房詞、または江戸時代に筑波山麓で醤油が多産され、筑波山の雅称が紫峰であったことからとも言われる。
  • 「カブ」の語源は諸説あり、頭を意味する「かぶり」、根を意味する「株」、またはカブラの女房詞である「オカブ」からとされている。