女性

全て 名詞
101,297 の用例 (0.02 秒)
  • 教室で彼のうしろの席にいたのが、ついには奥さんになったこの女性だ。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • その絵を描いた画家は、ふたりの女性のうちどちらかを先に描いたのね。 片岡義男『時差のないふたつの島』より引用
  • 男というものは女性と違って社会に活動するのには非常な敵を持っている。 小野佐世男『恐妻家庭円満術』より引用
  • 何故なら恋愛するときほど、女性の心が純であるときはないのだからだ。 倉田百三『女性の諸問題』より引用
  • 僕の姉が三歳だったとき、彼女の母親のメロディという女性が死亡した。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • もしそうなら、小説に書く女性は、いつもおなじひとりの人になるのか。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • のみならずそれ等を書いたのは名前も聞いたことのない女性だつた。 芥川竜之介『変遷その他』より引用
  • 東京では僕の自宅のすぐ近くに住んでいた、僕とおなじ年齢の女性だ。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • 相手はもともと女性であるが、とにかく仕打が女性的でありすぎるのだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • その点あんたのような教養のある近代女性とは何といっても話が合う。 織田作之助『それでも私は行く』より引用
  • あまりに冴えた女性はどうも男達からの評判はよろしくないことが多い。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • この話をすると、「私もやってみようかしら」と言わない女性はいない。 小泉英政『みみず物語 2』より引用
  • また、非常に男性的な女性が、男性らしい男性と友だちになつたとする。 岸田国士『異性間の友情と恋愛』より引用
  • 誰がどこからどう見ても、彼は妖しく美しい年増の女性にしか見えない。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • 女性が裸の上に浴衣だけを身につけるのは、特別なことでもなんでもない。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • 日本にいる時から、この子供は女性から一種のおびえをもって見られていた。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • 男性はかくてこの苦痛の不満をいやすべき報償を女性に要求するに至った。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 女性は多くを失ったとしても、体力に失ったほどには脳力に失っていない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 僕は、ひとりの女性を特定のバックの前に立たせてみるのが好きでしてね。 岸田国士『速水女塾』より引用
  • するとどうした具合であったか、感激に満ちた若い女性の声が聞えて来た。 海野十三『空襲葬送曲』より引用
  • 次へ »