女官服

7 の用例 (0.00 秒)
  • 体を拭い、枝にかけてあった女官服を取り上げて袖を通したまさにその瞬間だった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 言われた通り女官服のまま正門へ行ったシェラは、そこで今日二度目の信じられないものを見た。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 女官服を着た小太りの体が、それでも石像の陰に隠れるようにして、男達を見下ろしていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • そう言うシェラもいつもの女官服ではない。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 長い銀の髪に返り血を浴びた少年は白い女官服をひるがえし、返す刀でさらに一人の太股の辺りを斬り払った。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • すでに邪魔な女官服は脱ぎ捨てている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • 女官長の知っているシェラは、長い銀髪を垂らし、白い女官服がよく似合う娘である。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用