女官大勢頭部

197 の用例 (0.00 秒)
  • 女官大勢頭部は御内原の現場を支配することだけに人生を懸けてきた女だ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • その間も女官大勢頭部の声が頭上から聞こえてくるから手を休める暇はない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • この後の王妃の反応が見てとれるだけに、女官大勢頭部は言葉に窮した。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 女官大勢頭部は御内原支配を確実にするために女官を再編成するつもりだ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 女官大勢頭部の命令など料理の匂いの前では何の効力もなかった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 女官大勢頭部は大きな背中を丸めて三十五年勤めた王宮を後にした。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 女官大勢頭部は真美那の機嫌を取るために真鶴を標的にしているのだ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • まさか、女官大勢頭部があごむしられ様を追い出したのではあるまいな? 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 高等幇間ほうかんになったり、道化になったりするのも女官大勢頭部の役回りだ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 着飾った牛としかいいようのない女官大勢頭部は朝から怒り心頭だ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 思戸は女官大勢頭部になったからといって地位に胡座あぐらをかいているわけではない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 王妃は女官大勢頭部を使って側室を宮中から追い出そうと画策していた。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • しかし無情にも後之御庭クシヌウナーに女官大勢頭部の影はもうなかった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • このわなはまって女官大勢頭部は腹心の女官たちの多くを失ったものだった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • かつて国祖母の献立を操作し脚気かっけにしたのは女官大勢頭部の仕業だ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • いくら女官大勢頭部から高級品を贈っても取り入っているように見られるだけだ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 当然の如く王妃や女官大勢頭部はそなたを許さないだろう。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 御内原精鋭百人の勢頭部の中から選ばれるのが女官大勢頭部だ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 呼べば千里先からも飛んでくる女官大勢頭部は王妃の魔法のランプだ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 金とあがまの管理は女官大勢頭部の大切なお仕事のはず。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 次へ »

女官大勢頭部 の使われ方