女学校

全て 名詞
3,407 の用例 (0.02 秒)
  • その十八歳の娘さんは絵をやりたいのです、女学校出たらつとめながら。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 男女が峻別されたのは中学校と女学校及びそれ以上の高等教育であった。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • 私は十三歳の時に、中国の尾道おのみちと云う町でそこの市立女学校にはいった。 林芙美子『私の先生』より引用
  • 彼女に二年前に女学校を卒業したアグネスと言う十九歳の一人娘がある。 岡本かの子『母と娘』より引用
  • あと二年で女学校へ入るだろうし、それから四年するともう卒業するのだ。 相馬泰三『田舎医師の子』より引用
  • なにしろ向うは教師ですし、わたしは女学校を出たばかりでしたものね。 チェーホフ『桜の園・三人姉妹』より引用
  • するとすぐ頭に浮んだのは女学校の中央にある六角の時計台であつた。 久米正雄『父の死』より引用
  • なぜって夫は教師でしたし、わたしは女学校を出たばかりなもんですから。 チェーホフ/佐々木彰訳『三人姉妹』より引用
  • 夫人が女学校の教師をしながら生計を支えていたのもそのためである。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • 手真似で女学校の先生だと云つてゐましたが、勿論白系の方なのでせう。 林芙美子『シベリヤの三等列車』より引用
  • 私が女学校四年生になる春のことで、東京を去ることに未練はなかった。 須賀敦子『遠い朝の本たち』より引用
  • 日本の女学校などには、見ようと思うても見られぬ処で御座いましょう。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • 田舎の女学校の生徒であってみれば歩く時間もかなりあると思える。 宮本百合子『女の行進』より引用
  • 女学校時代の友人は、芙美子が文士になるといっていたのを聞いている。 群ようこ『飢え』より引用
  • 東北の生れで孤子だそうで二十二でおととし関西の女学校を出たと云った。 宮本百合子『蛋白石』より引用
  • 婦人の女学校から専門学校出の最多数が銀行、会社などに使われているのだ。 宮本百合子『プロレタリア婦人作家と文化活動の問題』より引用
  • なかのいゝ女学校時代ぢよがくかうじだい友達ともだち一人ひとりが、四ちひさな美容院びようゐんひらいてゐた。 小島政二郎『海燕』より引用
  • 手紙の主は、確かに特定の女学校の授業内容を知っていたのだから。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • 今は女学校の化学もきっと大変ちがった教えかたをされているだろうと思う。 宮本百合子『私の科学知識』より引用
  • 女学校の生徒が二、三人、中学校の男子生徒が四人ほど列車に乗った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 次へ »