女子供

936 の用例 (0.00 秒)
  • 二十七人は女子供のみで、男は二人だけ同行するのだといふことだつた。 野上豊一郎『大戦脱出記』より引用
  • 三〇年戦争は宗教戦争であるがゆえに、ひどい場合は女子供まで戦った。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • だがここにいる女子供は、家を出て行くようなしおらしい連中ではない。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • 単純な女子供は信じるが、やっぱりいい年した大人はなかなか信じない。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • こんな噂がひろがって、女子供は日が暮れると表へ出ないようになった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 中には老人や女子供までもいて、それぞれが興奮したように話し始めていた。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 女子供が悲鳴をあげ、それが酔っている男二人には、逆に刺戟しげきになった。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • たくさんの女子供が、死ぬほどこわがって、泣いたり叫んだりしていた。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 非戦闘員の女子供を殺しても、いざとなれば軍人扱いを要求しやがる。 菊地秀行『トレジャー・ハンター03 エイリアン魔獣境 II』より引用
  • 殺された者の多くは女子供であり、死体は酷いやり方で損傷されていた。
  • 女子供には、東京へ出られるということが訳もなしに嬉しかったのである。 島崎藤村『家』より引用
  • 戦士と女子供も含めて残りの部族はわれわれの背後からついて来た。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • また、フランス側の報告によれば、女子供20人を含む30人を殺した。
  • あれは女子供がつけるものであり、男子高校生がつけるものではない。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • だが空っきしいくじがなくて女子供にも嘲弄される喜劇的人物であった。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 罪のない女子供まで殺傷する権利を、彼らは神から与えられたと信じていた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • どこの家も男は仕事に出かけていて女子供ばかりであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 20 お吉の茶碗』より引用
  • 佐次兵衛は心のひろい人となりで女子供を相手に腹を立てる男ではなかった。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • 本当に質のいい法石は、女子供の手でしかれないと言われている。 喬林知『今日からマ王 第03巻 「今夜はマのつく大脱走!」』より引用
  • 従って女子供が特別なことをやるってこともないわけさね。 宮本百合子『正月とソヴェト勤労婦人』より引用
  • 次へ »

女子供 の使われ方