女子

全て 名詞
31,202 の用例 (0.03 秒)
  • 若い婦人が真の勉強をするためには女子だけの専門学校では駄目である。 宮本百合子『女の手帖』より引用
  • 当時の女子おなごはこれに反して、おもに親の為向けた物を持っていたのである。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 一九〇〇年には治安警察法第五条が制定されて女子の政治運動を禁止した。 宮本百合子『私たちの建設』より引用
  • 玄機は真に女子になって、李の林亭にいた日に知らなかった事を知った。 森鴎外『魚玄機』より引用
  • 女子は三人しかおらず、みんな学校の近くに家がある者ばかりらしかった。 佐野良二『闇の力』より引用
  • さうした記事に伴つて女子教育家や社会批評家の意見が紙面を賑はした。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 愛する女子ならその女子の為めに犠牲になれぬということはあるまいじゃ。 田山花袋『蒲団』より引用
  • 女子といふものは罪が深うてとても男子とはひとつに言へないものだ。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • このことは特に女子教育の向上のために重大な関係をもっている。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 彼と向き合っている女子は確かに後の方の資格を完全にそなえていた。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 何故なにゆゑに男子と女子とは対等の生活をたのしむことが出来ないのであらうか。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 勿論女子が男子の奴隷であつた間は善良にも純潔にもなり得なかつた。 ゴールドマン・エマ『婦人解放の悲劇』より引用
  • 名前も知らない女子に見とれていたことは、気づかれなかったようだった。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 日本では戦争によって全人口中三百万人の女子人口過剰を来している。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • さうすればあの堀川の殿の心もこの身を離れて他の女子のもとに行くであらう。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • また男子の働きは外部に現るるをほまれとするも、女子の働きは内助ないじょにある。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • そうして初めて、神谷は今自分がいるのが女子トイレであることを知った。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • なんとなれば、この出来事は必ずかの女子のおりしときに限ればなり。 井上円了『甲州郡内妖怪事件取り調べ報告』より引用
  • 都内の高校の女子生徒に避妊の方法を教えて回っているかもしれない。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • けだし三十七歳の男子は決して十八歳の女子ほど多くはあり得ないからである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 次へ »