女城主

38 の用例 (0.00 秒)
  • でも、むかし教団に歴史に詳しい女城主シャトレーヌがいて、その人から聞きました。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • この城が女城主なしでいる時期はそう長くはなかった。
  • この階級の女性は〝女城主シャトレーヌ〟と呼ばれ、男性はさまざまな称号で呼ばれる。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 女城主シャトレーヌという肩書のもとになった田舎の宏壮な本邸の話をなさっていました。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 数日後のこと、「乙女の城」の女城主である乙女から救援の報せが入った。
  • ドゥオモの女城主だから新迎賓館の美邦が気になるのだろうか。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 彼女は偉い偉い女城主であり、わたしは奴隷以下の存在だった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • きみの食事と、女城主セクラの方の本を持ってきた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 今は淀の女城主となって淀殿と呼ばれている茶々から、明け方急使があった。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • 話を続けていると、遠くの木々の間を歩く女城主シャトレーヌセアの優雅な姿がちらりと見えた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 女城主マンネアは、あなたは神聖な方だといいましたが、わたしには科学者のように思われます。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 旧交を温めるために早く出てきたかったんだが、ここにいるこの女城主シャトレーヌがそれを望むかどうかわからなかったもんでね。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • ずっと前に、女城主シャトレーヌセクラのために本を持ってくるように、最初にグルロウズ師から派遣された時に会ったあの老人だった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • あの女城主についていえば、きみが彼女だ。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 法廷の意志により、われらは高貴人・女城主シャトレーヌセクラのかたの身柄を保管しております。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • とにかく、女城主はたぶん寝床を温めてくれというだろう。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • そういった娘をどこで手に入れるのか知らないが、彼女らは本物の女城主の代理をつとめるスタンド・イン・ブレースことになっている。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 女城主たちとそっくりの平民の娘だ。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • これはヴェーザー川対岸のヘーメルンの高台にあったブランブルク城の伝説上の女城主の名前である。
  • 女城主セアは、ヴォダルスの考えを聞いていたにちがいなかったが、それを少しも表情に出さずに、彼の向こう側からわたしの方を見て、綺麗な、鳩の鳴くような声でいった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 次へ »

女城主 の使われ方