女丈夫

全て 名詞
143 の例文 (0.00 秒)
  • それには当時産蓐さんじょくにいた女丈夫五百じょじょうふいお啓沃けいよくあずかって力があったであろう。 ...
  • わたくしの名のかの子は、この女丈夫を記念する為めにつけたのだという。 ...
  • その婦人も婦人というよりもむしろ女丈夫的じょじょうふてき兵士であるというも過言でない。 ...
  • 絵に描いたような女丈夫ぶりは、しかし、着物によって可能になったものだ。 ...
  • オーストリアの宮廷で圧倒的な影響力を持った女丈夫のあっけない死であった。 ...
  • シゲ 女丈夫といふ言葉は、ちよつと、今の時代では意味をなさんね。 ...
  • ただ、道三がこの女丈夫を妻としたのがいつのことか、はっきりしないのが残念である。 ...
  • さすが劉備に苦労をかけられ通しの女丈夫、咄嗟のナイスプレーであった。 ...
  • しかしこれまで彼女は彼にとって、大詩人から想像的生活を与えられてる架空的な女丈夫にすぎなかった。 ...
  • たしかに武家出の人であって、一見して女丈夫とも思われるくらいのけんの高い老女であります。 ...
  • 階段の下に立って一同はただ苦笑にがわらいをするばかり、すっかり女丈夫に気をのまれた形だった。 ...
  • 彼女ほど勇敢にふるまえなかった者の目には、彼女はあっぱれ女丈夫じょじょうふに見えた。 ...
  • いくら武芸に秀でた女丈夫の姫君でも、多数の敵を相手にしては到底勝ち目がない。 ...
  • それがこの女丈夫の、精一杯の喜びの表現なのだろう。
  • 学生とは思えないほど達観したヤツで、一年の頃から次期主将を期待されていた女丈夫だ。 ...
  • どうやらわたしも女丈夫にならないですんで、うれしいわね。 ...
  • 派手好みの才女と思っていたが、女丈夫になったのかな!
  • 次へ