女の子

全て 名詞
27,689 の用例 (0.02 秒)
  • 女の子のように見えたが、我々が入るなり顔を向こうにやってしまった。 三上於菟吉『土色の顔』より引用
  • いつのまにか僕たちのまわりには十三四歳の女の子たちが集まっていた。 田畑修一郎『石ころ路』より引用
  • 女の子に男名前を付けるのが最高のつけ方だって聞いたことがあります。 藤井貞和『日本の詩はどこにあるか・続』より引用
  • 田舎から来てるこの女中は、その郷里に小さな女の子を一人持っていた。 豊島与志雄『秦の出発』より引用
  • 私にはどうしてもあの女の子がそう大外れた悪者とは思えないのだがね。 渡辺温『嘘』より引用
  • 女の子であろうか、肩に羽が生えているからあるいは天使かもしれない。 永井隆『この子を残して』より引用
  • 次の馬には十七になる男の子が乗り、その次の馬には女の子が乗っていた。 田中貢太郎『警察署長』より引用
  • 女の子が生れたという報知しらせを姉の良人おっとから受け取ったのは五月であった。 横光利一『御身』より引用
  • 出て来た人たちは女の子の家の者で、間もなく医者もやって来ました。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • 女の子に対しては、生れた時の季節や花の名などをつけることにした。 豊島与志雄『人間繁栄』より引用
  • アグニスと云うのはここのうちに使われている十三四の女の子の名である。 夏目漱石『永日小品』より引用
  • 言葉もうまく通じないような中国人を女房に持って二人の女の子がいます。 森本薫『女の一生』より引用
  • 灸は座蒲団を受けとると女の子のしていたようにそれを頭へ冠ってみた。 横光利一『赤い着物』より引用
  • 見えもどうもしないだろうが、ここにこういう女の子が一人だけいる。 久生十蘭『だいこん』より引用
  • みんながしなければならない仕事はみんなで、男の子も女の子もやる。 宮本百合子『従妹への手紙』より引用
  • 私は夢の中で、後ろの席に座っている老婆と女の子の間に座っていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 王子は、いままで、こんな美しい女の子を見た事がない、と思いました。 太宰治『ろまん灯籠』より引用
  • 二十三の女の子というのはこういうのかしらと昨夜も感じました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 見ると籠の中には前に一人うしろに一人両方とも二歳ばかりの女の子が入れてある。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • するとそこには、十二三の美しい女の子が目をうるませて立っていました。 小川未明『月夜とめがね』より引用
  • 次へ »