女々しい涙

6 の用例 (0.00 秒)
  • わたしを高貴なる怒りでふるい立たせ、 女の武器である女々めめしい涙で、わたしのこの男の頬を 汚させないでください! シェイクスピア/大山俊一訳『リア王』より引用
  • 以前私の心を高めてくれた歴史や詩作品中のすぐれた章句も、今はただ老齢にありがちな女々しい涙をそこはかとなくさそうにすぎない。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • 女々しい涙を揮払つて彼は起上らうとした。 平出修『逆徒』より引用
  • かつて、女々しい涙など見せたことのない寧子が、頬を良人おつとの手に抱かれたまま、ぽろりと、涙をこぼした。 吉川英治『新書太閤記(三)』より引用
  • そして彼は、Fの青く澄んだ眼を、思はず見あげた瞬間には、極めて女々しい涙が胸中に拡つて行く、奇妙な恍惚感に打たれた。 牧野信一『或る五月の朝の話』より引用
  • 何やら言い訳を重ねる口の端から垂れるよだれと、女々しい涙で、弓の顔はびしょびしょになる。 久世光彦『陛下』より引用