奪回後

9 の用例 (0.00 秒)
  • プロイセンは西部領土奪回後、1816年にはすでに、その行政構造を根本的に近代化した。
  • 将来の院内総務、共和党の過半数奪回後の下院議長は確実と見られていた。
  • ネタニヤフは政権奪回後の政権構想について、右派や宗教政党主体の内閣にすると示唆している。
  • 唐の長安奪回後に、蜀から玄宗に同行し、その途中で、「還京楽」を作曲した。
  • 政権を奪回後、初めて総選挙となるハンナラ党においても元党代表で李明博大統領と大統領候補の座を争った朴槿恵に近いグループが公薦から脱落した。
  • 米英軍のフランス奪回後にパリにもどり、1944年9月に臨時政府を成立させたシャルル・ド・ゴール将軍に対しフランス国民が熱狂的支持をみせたことが大きかった。
  • また、抗日運動で活躍したフクバラハップは、マニラ奪回後には共産党勢力を警戒したダグラス・マッカーサーの意図によって武装解除を余儀なくされた。
  • 大内氏は松山城奪回後、安芸国の国人であった天野顕義が入城して、その後に討死した光治の兄である杉弘信が入った。
  • 南京奪回後は掃討戦にあたった。