奪回すべく

24 の用例 (0.00 秒)
  • 地球連邦軍はオデッサを奪回すべく部隊を集結しつつあった。
  • 反乱軍の将の劉胡が銭渓を奪回すべくやってきたが、張世は挑戦に応じず、築城の作業を続けさせた。
  • 言いつつ、彼は一頭のアンダルシア馬に飛乗るや、ただちに敵の手に渡ったトレードの地を奪回すべく、馬を駆って塔をあとにした。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • この包囲戦はフランス軍とアメリカ軍の連合によってサバンナ市を奪回すべく、1779年9月16日から10月18日まで行われた。
  • ユトレヒト条約に不満なスペインはオーストリアと結び、1726年、ジブラルタルを奪回すべくこれを包囲した。
  • しかしローマでポンペイウスとガイウス・ユリウス・カエサルの間に内戦が勃発すると、父が拡大したがローマに奪われたかつての領土を奪回すべく兵を挙げたものの、紀元前47年にゼラの戦いでカエサルに敗れた。
  • 普墺戦争が勃発し、オーストリアからヴェネツィアを奪回すべくイタリアもプロイセンの同盟国として参戦したからである。
  • 有名な伯爵たちの逃亡では、イギリスからアルスターを奪回すべくスペインへ向かったアイルランドのゲール人伯爵たちが、途中、スイスを通った。
  • トーリンは13人のドワーフ一行の長として、のドラゴン、スマウグから先祖の宝を奪回すべく旅に出た。
  • 更に西方ではセレウコス朝のアンティオコス7世が、ミトラダテス1世によって奪われた領土を奪回すべく紀元前131年に大規模な遠征を開始した。
  • 穆公元年、穆公は改革を実行するため、博士の公儀休を魯の相に任命し、三桓氏から政権を奪回すべく、親政を開始した。
  • 基地航空機の行動半径外にあるし、かつ、ハワイ列島北端に位置する要衝であるから、米艦隊は必ずや奪回すべく出撃してくるであろう。 児島襄『指揮官』より引用
  • フリードリヒ・ヴィルヘルムはヴォルフェンビュッテル侯領を奪回すべく、ゲリラを率いてフランスと戦うことになる。
  • 当時スペインはフランスから迎えたブルボン家の王フェリペ5世を戴いており、先のスペイン継承戦争でオーストリアに割譲した北イタリアのミラノ公国を奪回すべく、1744年に参戦した。
  • フレデリカは事前にその危険性を感じていたが、ここに至って我慢の限界を感じ、ヤンを奪回すべく、シェーンコップとアッテンボローに連絡をとった。
  • これを奪回すべく南明側の李定国軍がアヴァ近郊に迫ったが、火器に優れるタウングー軍を破ることはできなかった。
  • しかし、永禄5年6月、定盈が持ち城を奪回すべく夜襲を仕掛け、氏俊は防戦の中で討ち死にした。
  • 天文12年7月、再び石見銀山を奪回すべく、石見へと侵攻し、これを奪取することに成功する。
  • 金馥はその委任状を奪回すべく、孫、クレイグ、フライを再び伴って、万里の長城の北に潜む老沈のもとへ向かう。
  • イラワジ会戦で日本軍を粉砕したイギリス軍は雨季の到来前にラングーンを奪回すべく、第33軍団がイラワジ川沿いを、第4軍団がシッタン川沿いを南下した。
  • 次へ »